デスマよりひどい寿司と呼ぶには憚られる握りでSAN値がゼロになる

家電は故障し始めると伝染するように故障する。その時期は少し前にまとまってあって、それ以降は小康状態である。適当に世代交代をするような感じだ。 うちの洗濯機は割と長持ちで結婚してから現役は2代目である。かれこれ10年以上毎日何度も運用している。 …

プロジェクトマネジメントは海鮮丼である

もともと土曜日は引きこもってタスクを消化しようと考えていたところに令和ちゃんが15号の続けざまに19号を持ってきた。 いくつかやらなければならないことの1つの優先順位を入れ替えて、別のタスクの脳内にあるぼんやりしたイメージを言語化にする。 タスク…

令和元年台風19号のメモ

off

社会、防災インフラは大事。 社会、防災インフラに従事する人も大事。 ソーシャルネットワークでNHKの報道がポストされるのでNHKの存在は価値がある。 インターネットで常時情報を収集できていたことは大きい。 放射状の高速道路は通行止で遠隔地に避難は無…

史上最大の台風の日の成果(途上)

史上最大の台風がきているのに、日がな一日PCを前にしてやっていたのは本社部門向け講座設計である。 これで得られるものがあればそれはそれで良いのだが、実態はこれからスライドとワーク(ゲーム)を作らないと仕方がない。 ドーバー パストリーゼ77 スプ…

実現できるかわからない計画を死守するためにPDCAを頑張るのは何か間違っている

ちょうど、とあるプロジェクトをやっている。全体で見れば年末くらいで一段落つけたいので、そこそこの半年以上のレンジである。 プロジェクトは全社に導入してた業務をある意味リニューアルするもので、仕組みづくりのし直しといった方がイメージはあってい…

エンジニアを縛る計画思考

シンポジウムやカンファレンスでワークショップをコマとして設けていることがある。定員制で、グループワークが多い。見聞きしない、でも講演のアブストラクトのキーワードに興味を惹かれて受講する。 ワークショップに参加した。初めて会うエンジニアと顔見…

いわれのない仕事を押し付けられたときに整理する方法

お仕事をしていると、いろいろとあるわけです。自分の担当で終わらせないといけないお仕事や他の方が担当されているお仕事。 組織で働いているので自己完結するお仕事の方が少ない。 団体で働くということは、誰かからのオーダーがあり、何かをインプットと…

ozendateできないエンジニアは仕事ができない

ozendate=お膳立て。 dictionary.goo.ne.jp エンジニアにカリスマ性か他に類を見ない魅力を持ち合わせていない限り、ozendateのできないエンジニアは仕事ができない。 その素性がバレるまではブツブツと周りが文句を言いながらもやってくれる(ブツブツ言っ…

エンジニアをマネジメントしてはいけない

自分が一兵卒のエンジニアのとき、自分に対してあれこれと言われていたような気がする。 『キミはこうだからできない』とか。アレは自分のキャリアや目標の達成に何一つ役に立たなかった。 1人、自分のキャリアについてマネージャから『キミには選択肢がある…

チームのパフォーマンスの最大化を考える

www.tokyu-land.co.jp 社員に計測機器をつけて業務を行い、実証実験することのサムネイル、記事によってデストピアだと評されている。実証実験は緑のある開放的な空間のもたらす効果と称しているが、これは従業員のパフォーマンスの最大化を狙っているのであ…

スタートアップの情熱は後付けである

形もイメージもなければ対象になるものが存在しない。だからそれを好きになったり、可能性を見いだすことはできない。『いやそんなことはない』と言える時点で、すでに対象となるイメージを脳内に持っているか、虚像として捏造している。 事業を立ち上げる、…

『ふーん』から脱却できないプロマネ講座

SIerのエンジニアならプロジェクトに参画するから基礎知識としてプロジェクトマネジメントの講座を受けるだろう。もし受講する機会がないとしたら、組織としてプロジェクトをやるつもりがない(つまりSESをビジネスにしている)か、エンジニアに対する教育を…

オープンコミュニケーションというハラスメント

オープンコミュニケーションを文化の一つとしてうたう組織は少なくない。衝突を避けるために思っていることや感じていることを言葉にして発することをやめたり、言ってしまった後にどう思われるかを憂いて押し黙っていたり、勝手に慮って遠慮をしたり。 本来…

SIerでチームを継続することの難しさ

SIerでのチーム。チームは組織図上のチームか組織図とは別にプロジェクトチームの2つに分類されるだろう。プロジェクトチームはマトリックス組織の上に仮想的に作られるか、組織図にもプロジェクトチームとして表現されるだろう。 プロジェクト視点で見ると…

スキル不足なエンジニアはマネージャと人事部で作られる

エンジニアの技術転換は何も『スキル不足で職場に居場所がないおじさん』のスキル不足だからとは限らない。 blog.tinect.jp Javaがでてエンプラ系でわっと広がりを見せはじめて暫くした後、当時の組織ではJavaをやっていないエンジニア全員にJava研修を強制…

エンジニアの転職先に対する振る舞いの基本

前日、離れる組織向けの振る舞いを書いたので、移る先について述べる。 fumisan.hatenadiary.com エンジニアは辞める組織にその意向を伝えるときには意思決定を済ませているからよっぽどのことがない限り元の鞘には戻らない。以前、唯一この人ならという人が…

エンジニアの辞める組織に対する振る舞いの基本

エンジニアが所蔵する組織を辞めるときいくつか気をつけておいた方が良いことがある。辞めようとしている組織に恨み辛みがあろうが、サラリーの問題であろうが、超過労働であろうが、上司が気に入らないだろうが、世間いや業界は狭いので立つ鳥跡を濁さずで…

『チームのルールですよね』『変えて良いよ』

これはあるプロジェクトチームを立て直したとき、朝会でカンバンを前にメンバ全員に言ったこと。 カンバンの列、基本形としては、ToDo | Doing | Done の3つの列でタスク管理をするものをプロジェクトの成果物や段取りからカンバンを導入したタイミングで、…

技術書を読むことと素振りをしておくこと

メンバが組織的にはかなりチャレンジな投資になるIT企画を立ち上げて、経営陣向けにプレゼンをしていたが、会議の終わる時間になっても戻ってこない。プレゼンが長引いていて次に予定していたミーティングに遅れるとslackは入った。 様子を見に会議室を覗い…

どれだけ転職サイトにエントリシートを書いてもSIerから脱出できない

本当にエントリシートをもういいかと思うほど見た。こちらもポジションを用意しているので諦めようかと頭を過るも、ここで踏ん張らないと自分たちの業務で積み上がっていることができなくなってしまうから、手を抜くことも止めてしまうこともできない。 自分…

調達 今日まで50%off ピックアップ CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド Kindle版

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド 作者: ジョン・ソンメズ 出版社/メーカー: 日経BP 発売日: 2018/07/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ピープルウエア 第3版 作者: トム・デマルコ,ティモシー・リスター,松原友夫,山…

調達 今日まで50%off ピックアップ CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド Kindle版

off

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド 作者: ジョン・ソンメズ 出版社/メーカー: 日経BP 発売日: 2018/07/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ピープルウエア 第3版 作者: トム・デマルコ,ティモシー・リスター,松原友夫,山…

品質管理ごっこ

QAのエンジニアのリーダと話をしていたとき、ふと以前の大規模プロジェクトでの品質管理で聞いたことを思い出した。 その大規模プロジェクトは更改プロジェクトで(当時)稼働していたシステム(と言ってもそのシステムはサブシステムでサブシステム自体の規…

チケット管理システムを使い倒す運用の実装

チケット管理システムと言えばredmineとかそういった課題やタスクをチケットに入れて状態を管理する仕組みである。チケット管理システムを導入しているほとんどの現場ではタスク管理で使っているのではないだろうか。 それで失敗するケースも多いようだ。チ…

自分の作業の進捗管理のコツ

自分の作業にはカンバンもチケット管理システムやSaaSも使っていない。でも進捗させなければならない作業はあるし、マイルストーンもある。マイルストーンには、外部の機関とのスケジュールや組織内の経営者とのセレモニー的なイベントもあるため、中途半端…

トラブルな現場のチームを助けたい

『相談を聞いてもらっていいですよね』 30後半だろうか。初対面の彼は懇親会で立ち話をしている輪にいた自分に向かって話しかけてきた。いいも悪いもない。懇親会では様々な会話をする。多くは久しぶりに顔をみる旧知の知人と情報交換をすることが多い。 会…

成長を他者に求めるエンジニアは意識高い系だけではないか

ここのところ情報を外に出て取りに行くことを感けており、とは言え情報のインプットをしないと空っぽになってしまうと思ってしまう病を避けるように往訪してもらう予定を入れて急場を凌ぎ、半ば自ら強制的にインプットする場を設けている。 事業会社の仕事は…

部下の素行が悪いんです、リーダのパフォーマンスが悪いんです、だから転職したいんです

一つひとつ課題を終わらせてもやりたいことが積み上がる。勘違いして欲しくないのは、炎上しているとか殺伐とか予算をケチっているとかメンバのスキルがチープだとかではない。それぞれのスキルは自分の目にも十分な働きをしているし、能力を発揮してもらっ…

エンジニアが事業会社で働きたいと思ったときに覚えていてほしいマインドセット

SIerのエンジニアと決定的に違うマインドセットが1つある。 コンサルをしていたときに事業会社のIT役員にあることを言われて、そういうものかと思ったことがあった。実際、事業会社で働いているとIT役員に言われたことは確かにそうだな、と思う。 『事業会社…

『石の上にも3年』はITエンジニア自身が自分を不幸にする

社会人になってITエンジニアとして働き出した当時は『石の上にも3年』だと思ったし、3年くらい続けてみて初めてITの仕事が向いているかどうかわかるのだろうと思っていた。その考えの裏には、ITエンジニアも職人のようなものだろうから、年季の開けるくらい…