転職

エンジニアの転職先に対する振る舞いの基本

前日、離れる組織向けの振る舞いを書いたので、移る先について述べる。 fumisan.hatenadiary.com エンジニアは辞める組織にその意向を伝えるときには意思決定を済ませているからよっぽどのことがない限り元の鞘には戻らない。以前、唯一この人ならという人が…

エンジニアの辞める組織に対する振る舞いの基本

エンジニアが所蔵する組織を辞めるときいくつか気をつけておいた方が良いことがある。辞めようとしている組織に恨み辛みがあろうが、サラリーの問題であろうが、超過労働であろうが、上司が気に入らないだろうが、世間いや業界は狭いので立つ鳥跡を濁さずで…

どれだけ転職サイトにエントリシートを書いてもSIerから脱出できない

本当にエントリシートをもういいかと思うほど見た。こちらもポジションを用意しているので諦めようかと頭を過るも、ここで踏ん張らないと自分たちの業務で積み上がっていることができなくなってしまうから、手を抜くことも止めてしまうこともできない。 自分…

45歳過ぎての転職はリファラルと何で貢献できるかと先を見せること

採用する側としては、事業のステージとそのステージに必要な業務を任せられるポジションを用意してhiringする。 採用側としては、任せられる業務の前提があるから、採用するにもそれができる人か、その後も業務をエンハンスしてくれそうな人か、どこのポジシ…

転職で面接を受けるときの対策

転職するためには、転職する先を確保しなければそもそもの転職ができない。会社を辞めたいだけなら、退職願なり、所定の書式に記載の、守秘義務を守れとか、転職先に行ってから職場の社員を引き抜くなとかの記載事項を承諾して終わりである。ただ、辞めてか…

エンジニアのキャリアのアプローチ

自分のエンジニアのキャリアをざっくりと振り返ると、前半は成り行きまかせ、後半になればなるほど何をしたいかを考えて、色々と手を出し口を出すようになっている。 まあ、色々と口を出しても脈がないならその組織に居続ける理由はないなと最近は思う。流動…

エンジニアの退職が続くマネージャは、ぼーっと生きている

以前の担当のチームでは、約10年くらいマネージャをしていた。そのチームで退職したいと言って来たエンジニアは皆無だったが、自分が別のチームに移って1年経ったくらいに数名が『退職します』とわざわざ自分のところまで挨拶に来たことがあった。 そう言え…

エンジニアの退職エントリを読み物として終わらせない

退職エントリは数多ある。この退職エントリは、ここ最近では相当関心を持って読まれたのではないだろうか。 kumagi.hatenablog.com このエントリの内容については他のブログにお任せするとして、身の回りで見聞きしたことのいくつかとこのエントリの関連を思…

転職できる技術を身につけておく

自分は転職を薦めるか転職を薦めないかと訊ねられたら、我慢をしていなければわざわざ転職することは薦めない。何か理不尽なことがあって、我慢をしているのでなければ。 では、安穏と与えられてた仕事をしていればいいのかといえば、それは違うと思う。 tog…

1つの場所で40年働き続けるなんて考えなくていい

新卒からエンジニアで採用されたとき、40年この会社で働くとか、転職するとか、これっぽちも考えなかったし、思いつきもしなかった。 成りたかったエンジニアで採用されたので、エンジニアの仕事ってどんなことをするんだろう、とそっちの方に興味があったわ…

組織の冠を外したとき、自分を『高く』売れるか

これまで自分の転職に対するポジショントークをするのであれば、会社を変える転職は最終手段(ブラックは別)で、まずは組織の中での組織内転職、それもエンジニア(例 アプリ)→エンジニア(例 インフラ)で仕事を変えるということと仕事を変えた後の自分自…

20代前半のエンジニアがドラフトに掛けると年収が上がる1つの理由

なんとなく、子どもに「youtubeなんてみてはいけません!」とか「ゲームなんてやってはいけません」的に通ずる感じの印象を持ったのは先日、お友達のママさんが子どもさんに言葉遣いが悪くなるからyoutubeは見せていないというのを聞いたことがあったのが連…

転職で成功するエンジニアと失敗するエンジニア

昨日の朝に その後の人生を分ける!エンジニアが34歳までに考えるべき3つのこと - paiza開発日誌 をざっくりと読んで思ったこと呟いたら、paiza開発日誌のツイ垢の方にフォローされてしまってちょっとざわざわした気持ちになったりしたけれど。 市場価値の大…

エンジニアの転職でリセットされるもの

「(こんな仕事やめたい…)」「(この会社のやり方についていけない…)」 などと思ったことがないエンジニアはいるのだろうか。この2つはないけれど、 「(この上司とはやっていけない…)」「(この仕事から逃げたい…)」 の方が思い当たることがあるかもし…