進捗

信頼のない数字の進捗

朝会はいつものとおり終わったのだが、どうも今月から参画してきたパートナのメンバの進捗がおかしい。ここ数日、実績が80%と言っている。このプロジェクトでタスクを担当するとき、進捗のステータスは、未着手か、完了しかないハズだ。朝会では、実績、予…

進捗させるコツ

プロジェクトで進捗が出ないと嫌なものだ。嫌というよりは、困ったな、どうしようかな、の成分がほぼ占める。計画を立てたのならなぜ予定完了日に終わらないか。どうしようかと話を振ると事情を話してくれるが、解決方法は出てこない。まあ、それができるな…

計画通りに進められない理由

色々な仕事をやってきたが、どれ一つして同じ内容の仕事はなく、仕事はこう進めたら上手くいくよ、なんて方法はない。 だったら、仕事をしてみないと何をすればいい変わらないのだから、何も準備しなくていいかというと、現実はそれほど甘くないのも事実なの…

ダイニングテーブルには進捗を出す何かが住み着いている

この3連休、結局、遠出もせず、庭にも出ずに締め切りが近い作業をしていた。家から出たのは、土曜日の昼食と夕飯の買い物くらいで、あとはずっと家の中暮らしであった。 まあ、なんというか、締め切りを設けている作業の進捗を出すために、自主的にカンヅメ…

生きる失敗、無駄な失敗

振り返ると30代半ばまでの失敗はその失敗を生かすことができなかった「無駄な失敗」だったと思うのです。30代半ばがひとつのターニングポイントなのでそこからは全部が無駄な失敗ではなく、なんとか、そこそこにその失敗を生かせているのではないか、と。 生…

スーパーエンジニアやエバンジェリストはロクロで何を捏ねているのか

システム開発でデスマになった後に行われるプロジェクト報告会は実質、戦犯を探すために行われているようなものだ。その目的が果たれようとするとメンバ同士がそのプロジェクトで自分が被害を受けた些細な出来事を論い、言い合いになりそうになると大人なん…

エンジニアでWIPを知らない人はまだ効率を知らない

「お、珍しい。今日はどうしたの」「あのですね、効率的にやるからと言って複数のワークパッケージを抱えるメンバがいるんですよ」「それで」「いつも終わらない」「終わらないだろうね。普通なら」「ですよね。でも、本人は複数のワークパッケージをやりた…

予定していた作業を確実に終わらせる予定のレシピ

プロジェクトマネージャやSEリーダ役の悩みの1つは予定完了日にワークパッケージが完了しないという進捗遅れでしょう。有期限性の特性を持つプロジェクトだからこそ、完了する日に完了しないとスケジュールが遅延してしまい、ドミノ倒しのようにプロジェク…

「助けたいが何を手伝おうか」と言ってエンジニアの仕事の脆弱性を診断する

どうももう1つのチームの進捗が今一っぽい。ランチタイムには、リーダ役が愚痴を垂れ流すし、セカンド役は一緒になって現状の酷さを盛るように話すのですが。 愚痴を言いたければ好きなだけ話したらいいじゃないと基本的にはスルーしているけれど、他にタイ…