読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優秀なマネージャはビジネスとキャリア開発をどう連携しているか

on

 優秀なマネージャは目標を達成するための優先順位をつけて自分のリソースをフォーカスしています。そうしないと限られたリソースがすぐになくなっちゃいますからね。

では、優秀なマネージャは何にフォーカスするかというと…。

メンバのキャリア開発ファースト

なぜ、メンバのキャリア開発が優秀なマネージャがフォーカスる最初のスキルなのでしょうか。

それは、事業目標を達成するためには、人的リソースであるメンバのキャパシティを大きく広げる必要があるからです。そのために、メンバのキャリア開発にフォーカスするのです。

目の前の数字を追ってばかりで、メンバのキャリア開発を掛け声だけで終わらせているマネージャがいるようですが、そうした振りばかりをしていると、メンバは持っているリソースを使い果たすまで新しいスキルを供給できず、いつかはリソースが尽き果ててぽしゃってしまいます。

優秀なマネージャはそれを理解しているのでキャリア開発を最優先にします。

キャリア開発で必要になるスキル

メンバのキャリア開発をフォーカスするスキルとして最優先すると、それに伴い次のスキルが必要になります。以下に示すスキルは

  1. チームのビジョンを明確に伝えるスキル
  2. メンバのキャリア開発でアドバイスを伝えるスキル
  3. アドバイスを伝えるために伝える内容を意思伝達できるスキル
  4. キャリア開発でメンバの成果を引き出すための生産的で定量的で客観的に評価できるスキル
  5. メンバの自律を促す権限移譲とアドバイスのバランスをとるスキル
  6. メンバのキャリア開発の成功に関心を持つスキル

 登場する項番順に必要になります。

これ、よく言われる「良き指導者」像そのものですね。

キャリア開発でビジネスを蔑ろにしない

あたりまですが、組織が存続するためにはビジネスが成り立っていなければなりません。でもキャリア開発をし続けなければ、チームは近い将来パワーダウンしてしまいます。

そうしないために、事業目標とリンクをさせてキャリア開発をするのです。ビジネスはキャリア開発で達成されるもので、キャリア開発はビジネスで継続されるのです。