読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q新しいツールを業務に導入するにあたり、予め検討しておくべき課題をあげよ

Q 現行業務で使用している情報共有ツールがある。1世代前の技術で実装されているため使い勝手がよくない。ツールの入れ替えを提案したところ、採用され新しいツールに置き換えることになった。そのツールは使用したことがないが類似のツールはプライベートでし利用経験がある。

 新しい情報共有ツールを業務に導入するにあたり、予め検討しておくべき課題をあげよ。

「 情報共有ツール」は身近なものに置き換えていただいても結構です。例えば、開発ブレームワークがEOLになったときどうするか、と考えてもらってもいいです。

ゴールを確認しよう

 新しい情報共有ツールを業務に導入するにあたり、予め検討しておくべき課題をあげよ。

とあるので導入前に片付けておく必要のある事項を列挙すればいいことになります。「導入前に」がどのような状態か、それを想定できるかが鍵ですね。

キーワードを挙げよう

 

現実にはパッと目次構成を作ってしまってそれそれの目次ごとのデザインを順次ディテールをある程度まで詳細化するように進めているのでこのステップを飛ばしているのですが、こうしたタスクを振られたときは、と考えると1ステップとして踏んだ方がいいでしょう。

キーワード

現行業務 情報共有ツール 使い勝手が悪い 新しいツール 使用したことがない 類似ツール 利用経験はある

作業の範囲

 新しい情報共有ツールを業務に導入するにあたり、予め検討しておくべき課題をあげよ。

 

とあるので、この検討後には導入とあるので運用が可能な状態にすると仮説を立てて良さそうです。導入するとあることで、運用が考慮されていないとすると

Q 現行業務で使用している情報共有ツールがある。1世代前の技術で実装されているため使い勝手がよくない。ツールの入れ替えを提案したところ、採用され新しいツールに置き換えることになった。

 情報共通ツールの置き換えが実現できないからです。

業務とツール

ツールは、業務の一部を機械化するものです。つまり、業務を行うリソースの置き換えです。

業務の機能をツールで代替していたのですから、新しいツールに置き換えるのであれば、現行業務の機能を新しいツールでも担えなければなりません。ですから、機能の継続が可能かを確認しておく必要があります。

置き換える理由

置き換えるということは、置き換えなければならない課題があったわけです。それが解消されるかどうかを予め確認する必要があります。

業務フローの見直し

現行業務でツールを使うにしても、業務の関係者と担当作業を業務フローとして整理しているものです。新しいツールに入れ替えたときの新業務フローに現行業務フローを見直す必要があります。

新しいツールを使うことにより、これまでの事前準備の作業や導入後の業務上の操作に関わる役割分担が変わる可能性があります。そのために業務フローを確認しておく必要があるのです。

前提条件・制約条件の整理

上記の各項目を整理する中で新しいツールを使うために考慮しておかなければならない前提条件や制約条件が判明するものです。こうしたことも予め検討する項目に入れておく必要があります。