仕事に穴を開けよう

f:id:fumisan:20180220084820p:plain

#今週は5営業日あるし

f:id:fumisan:20180220084829p:plain

WBSやタスクボードでやっているということは作業をしているんですよ。作るものが決まっていて納期に間に合うようにやっているだけですから

f:id:fumisan:20180220084842p:plain

#新しいことってほとんどないですよね。毎回新しいことを調べてなんてやるのは非効率的ですから、既知の実績があり自分の経験を選びます。誰だって。

f:id:fumisan:20180220084845p:plain

#でも、それって世界を閉じているんですよ。いい悪いじゃなくて長期的に見ると

f:id:fumisan:20180220084848p:plain

#井の中の🐸です

f:id:fumisan:20180220084854p:plain

#最近仕事がつまらないのはそういう仕事をやっているからじゃないですか

f:id:fumisan:20180220084901p:plain

#自分で持っている知識と外から新しい技術を持ってこないと新しい組み合わせはできない

f:id:fumisan:20180220084908p:plain

f:id:fumisan:20180220084915p:plain

#穴を開けて風を取り入れるんですよ

f:id:fumisan:20180220084920p:plain

#穴を開けるのは月1回でもいいんですよ。夜は機会が多いですが、お昼のパワーランチミーティングもいいですよ。

f:id:fumisan:20180220084927p:plain

#それはそれ、これはこれ

f:id:fumisan:20180220084934p:plain

#工夫って、誰かに制約事項を突きつけられてひねり出すもんじゃないです。自分でやりたいことを実現するためにやったほうがいいです。

f:id:fumisan:20180220084943p:plain

#木金よりは前に

f:id:fumisan:20180220084951p:plain

#一番最初にやらない理由を作るのは自分自身です



 

Not My Fault! ~俺のせいじゃない!~

Not My Fault! ~俺のせいじゃない!~

 

 

調達 新レーベル立ち上げたのか…

 

恋は天使のチャイムから 初回限定盤

恋は天使のチャイムから 初回限定盤

 
Princess Limited

Princess Limited

 

 

境界線のない仕事とリモートワークとのモヤモヤ感

仕事をし始めた頃、世の中で割と言われていたことは、パブリックとプライベートを分けようという考え方がありまして。どんなことかというとそれまでは、社会人になって仕事が業務時間に終わらずそれでも方がつかないから家にまで仕事を持ち帰って週末追いつくような仕事の仕方をしている、というようなことです。確かに、週末の電車で会社の紙袋に書類を詰めて手に提げているお父さん達をかなり見かけたことを思い出したり。

仕事は仕事、オフはオフ。みたいに仕事も区切りをつけて、遊ぶときには遊びに専念することで充電して、また仕事に集中する、ような仕事の仕方をしたほうがいいだろうということだったと思うわけです。

あれが90年代前半だったとして、それから20年たった今、リモートワークや在宅とこれまで仕事は会社でとしていた向き先が20年前に戻ろうとしているように見えています。

IT業界は情報通信インフラを提供する側なのでリモートでの仕事は進んでいて、今の社会が進もうとしている先を行っていると思うのですがそこでモヤモヤ感を感じるのですよ。

労務管理として

メンバには、休日仕事をする場合は仕事場でしなさい、と言っています。なぜなら、本人にもしものことがあった場合、業務上に起きたと証拠を作りやすいためです。あと、誰か数人は同じフロアに別の要件でいるだろうからという保険的な意味合いもあります。

これがリモートワークや在宅になると救えないケースが出てくるかもしれないと考えているからです。

まあ、自分はどうだったかといえばコワーキングな休日出勤でなければ、自宅でやっていたケースもありましたが通勤時間を掛けてでもと思い直して仕事場に行くようにしました。

リモートワークとして

 リモートワーク、カタカナにするとなんでもかっこよさげに聞こえますがそうでもないです。

問題なのは本当に成果が得られるのかってところです。一応、仕事場に行くことで仕事をする時間に区切りを入れてその枠の中で成果を出すことに集中することを半ば強制するのですが、リモワしてそれが自宅なら成果を得られるために際限なく時間を使えてしまうので返って同じ成果を得るために非効率になってしまうのではないかと。

できる人はいいんですけどね。自律して(律するですよ)成果をあげる人ならね。

コミュニケーションとして

 リモートワークも在宅も必ず問題になるのがすぐに聞けないという環境を自ら作ってしまうということです。

必ず問題になるのが意思伝達系です。隣にいれば割り込みかもしれないけど聞いたり確認したりできます。それに慣れているとすごいストレスを全員が持つようになります。慣れるまでは。

仕事の仕方も変わります。バッチになるんですよ。チャットを使うとしてもオフラインやミュートしていたら気づくまでお預けです。

それで非効率性を生まないようにするには段取りを考えなければなりませんし、オンライン上でコミュニケーションをする機会が多くなるので言葉の伝え方の工夫が全員に求められるようになります。

今まではボディランゲージで伝えられたことが言葉だけになるということです。

みなさん、それをやらないといけないんですけど大丈夫?

休日働く事自体について

 一週間に仕事が終わらないことそれ自体がおかしいと思わなければいけないんですよね。確かに予定していた作業に何かが割り込んできたら押し出された仕事はどうなるんだとなるわけですが、それは射し込んできた側にそれをやるなら予定していた仕事は遅らすぞ、と交渉しなければいけないのです。

普段からそれをやっておかないと、プロジェクトでも依頼者側の都合で射し込んでくるタスクと計画したタスクを抱えて最悪両方共倒れになってしまうリスクがあるんだと明示しなければ危なくてしょうがないです。

休日作業の評価として

 あと、じゃあと差し込まれた作業も計画した作業もやったとして評価はどうなるか、やった分だけプラスになるのかというと、実はそこは考慮されないんですよ。どこの時間を使ってやろうが結果だけで評価しているので。

だとすると、無理をして休日に仕事をするなら代休を必ず取る前提でやらないと、ですね。こうして一週間は80時間が枠でそれをどこでやるかは相談に応じるけど超えない、というスタンスを持たないといくらでも仕事を突っ込まれるので。

 

 個人的には歓迎ですね。成果で仕事をすればいいので。その分、同じように見るけどね。努力だって、いや、締め切りまで要求する品質レベルのアウトプット出さなければ評価ないですよ、となるわけですが耐えらるのかな。

 

 

働き方の問題地図 ?「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識
 

 

 

 

紙7344円 → Kindle 999円 ゲームエンジン・アーキテクチャ 第2版 単行本 – 2015/3/28 

 なんで安いんでしょうねぇ。

ゲームエンジン・アーキテクチャ 第2版

ゲームエンジン・アーキテクチャ 第2版

 

 

こんなプロマネは嫌だ!PMアンチパターン

 他にもありそうですが。

 

プロジェクト憲章が語れない

プロジェクトの方針は語ってください。チームの価値基準が無い状態で始めたらどうなるかわかるでしょう。

社内で会議ばかりで席にいない

ずっと席に座られていても邪魔だけどプロマネが判断しないといけない事項だってあるんですよ。

社内の手続きが多く時間を取られている

プロマネのコストはプロジェクトをマネジメントすることに使ってください。

プロジェクトメンバの人事権を持っている

悪いお知らせを軽微なうちから共有しづらくなりますよ。

コードを書かないのに開発ツールに口を出す

専門家に任せて、プロマネの専門のプロジェクトマネジメントをやってください。

プロジェクト計画書を書かない

プロ計書かないで何をしているですか。メンバがそれが必要になる前に書いておいてください。

機能分割を嫌がる

エンジニアが機能分割しないのをしなさい、というならわかりますよ。必要だから分割するんですから。

意思決定しない

存在意義を問われますよ。

優先順位は全部「高」

「今は」でもいいですから決めてください。決められないならデレゲートしてください。腹は切ってください。

プロマネが社内で弱い

 内弁慶じゃ存在価値ないですよ。

 

 

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

 

 

調達 ICカードリーダ