調達 折り紙 マルチノートパソコンスタンド フォルダブル JP スペースグレイ

だいぶ前屈みになっているんだろうなぁと。オンラインミーティングの最中は、ファンも回ることが多いし、熱持つし。

マウスを使うなら高さがあるタイプでもいいんだけど、タッチパッドが良い派(元トラックポイント派)だし。

マウスはさぁ、操作時にいちいちキーボードか手を動かさないといけないのがねぇ。口に合わないのよね。

で試しで、これ。

 

 

 

不正アクセスがやってきた

ここ最近、世間では銀行への不正アクセスのニュースが流れている。今日のニュースでは総点検すると言っていたので、エンジニアも差込でアクセスログの照合とかやらされるのかなと思うとご苦労様と思ってしまう。

そう言えば昨日、仕事をしてたら、個人のメールにAdobeから認証番号の通知が立て続けに送られてきた。仕事でAdobeは使わない。pdfファイルをあえてAcrobatで開くでもなければ使わない。プライベートでは、CCのプランをちょこちょこと使っている。その程度だ。

だから不自然である。何せアカウントのオーナはお仕事でslackを打ち返している最中なのだから。

今までなら、そんな通知は無視していた。

ところが昨日は、いや、最近は、か。気になったら、気になったことに手をつけることにしている。そうしないと、一瞬でも気になったことは流れてしまい、気を逸してしまうからだ。

自分はAdobeにアクセスしていない

でも、認証コードは届いている

不正アクセスかな

不正アクセスに違いないな

アカウントを乗っ取られて、(クレカを登録していた記憶はないが)変に利用されて不正課金されると面倒だな

 まあ、そんなやりとりを脳内でして、自分のどのアカウント宛のメールかを調べてみた。うーん、CCで使っているアドレスじゃないな。なんだっけ。

ログインを試みると、メールに認証コードが届く。結局、メアドと認証コードでログインできる。画面をみると、どうやら以前に使っていたフリープランのアカウントらしい。

カカウントをみるとユーザ情報が微妙に変わっている。

姓が微妙に変わっている

国(国旗)が違う

 ああ、アクセスされてたか

そう判断した。さて、どうしたものか。

パスワード変えておくか

そう思ってパスリセを探す。ログアウトして、メアドを入力して、認証コードが届く。メアドの画面によくあるパスリセのリンクがない。さてさてどうするか。

ネットで検索すると、メアドを入れた後、パスワードを入力する画面にパスリセのリンクが表示されることになっている。

ところが、認証コードを入力するとログインできてしまう。

さて。

ログインしたままで、セキュリティのメニューを眺める。

sms認証

google認証

sms認証だと携帯番号を入力しないといけないのか。なんかやだな。じゃあgoogle認証だな。google認証を設定する。ログアウトしてgoogle認証をする。ふーん、仕事でも使っているがこれは便利だ。

でもやりたいことはこれじゃない。目的はパスリセだ。さてどうやるか。

google認証を解除

パスリセ

すればいいか。どうにかこうにか、パスリセができた。しかしパスワードルール変わってないか。Adobe。記号も必要なのか。うむ。パスワード生成ロジックが変わってしまうな。いいけど。

そうだ、微妙に変わっていた姓と国を直しておしまい。

何の目的で蚊は知らないけれど、何かいいことがあったのだろうか。ただ、邪推できるのは、メアドは出回っているんだな。あーめんどい。

でも、不正アクセスされたとは言え、金銭的な被害はないぽいからいいか。これが金融のサイトだったらたまらないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調達 背景紙

調達 

Selens 両面背景紙 

 

 

 

調達 背景紙

調達 

HUAYI 2枚入 両面利用 4パターン 防水紙の背景 背景シート 背景紙 背景ペーパー 自宅撮影 小物 商品 撮影 バックペーパー 撮影道具 木紋のザラザラした表面の背景 現実的なヴィンテージブラックウッド 木紋ラフグランジコンクリートセメント 背景 Ins 卓上 Flatlay Vlog ブロガー ケーキ Photoshoots ドロップ

 

 

with coronaの夏とレモネード

その時々でハマったようにリピートするものがある。数年前は辛子高菜だった。ワイフと一緒になって毎食、食卓に出していた。

 

with coronaになって、朝昼晩と家で食事をすることになって、変わったことのひとつに買い物で昼食に何を食べるかを考えるようになったことがある。corona前のランチは、外食だったから、それはそれで何を食べるかを考えていたけれど、with coronaではランチを食べる=用意する、までが入ってくる。

 

ランチタイムの1時間の中で、作って食べて下げる。ワイフは出来上がって少し経ってから、ランチに戻ってくることが多い。

 

そうした食生活の中で、この夏に私だけ流行ったのが丸福珈琲店のレモネードだ。サーモスのタンブラーに氷をいっぱいにして、ソーダストリームの炭酸水を満たし、丸福珈琲店のレモネードを注ぐ。

 

デパートの食品売り場でこのレモネードを見かけたときは、しばらくは手に取らなかった。

 

丸福珈琲店のブランドでコーヒーゼリーがある。それを食べてから、レモネードも試してみるかと思ったのだろう。それ以来、パックの残りが少なくなると、買いに行かなくてはと思うようになった。買いに行って、陳列されていないときががっかりしたものだ。

 

他のメイカーと比べてコクがあるところがいいのかもしれない。その分、レモンの爽やかさはないけれど。

 

 

 

サーモス 真空断熱タンブラー 300ml  ステンレス JDI-300 S

サーモス 真空断熱タンブラー 300ml ステンレス JDI-300 S

  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

 

 

鉄瓶と電気ケトル

平日の朝、家で朝ごはんを摂るようになったのは久しぶりだ。何年も前から平日の朝はコーヒーで済ませていた。1月下旬から早々にwith coronaとなり、通勤がなくなった。まるで毎日が週末の朝のようだ。そうして週末のように朝食を準備していた。

 

毎朝、コーヒーを飲む。お湯は鉄瓶で沸かす。結婚したときに買ったものだ。当時ディスカウントストアーと言えばダイクマだった。チラシの特売か何かだったのだろう。それ以来、コーヒーもお茶も鉄瓶でお湯を沸かしていた。

 

 

 

 

電気ケトルの便利さは、出張先のホテルに備え付けられていたこともあり知っていた。買って使えば便利なのだろう。UXは想像できるが何ぶんにもデザインがイケていない。デザイン落ちである。そういうことで先送りしていた。

 

カフェで好みの電気ケトルを見かけた。いわゆる注ぎ口が細く曲がったコーヒーポットのだ。ブランドを確かめ、値段を見るとそこそこ高い。買っても良いが、急いでいるわけではないから、類似製品を探してみる。手ごろなものを見つけ、ネットで注文する。

 

在宅勤務は想像していたとおり、長く続いている。どうせ薬ができるまで強制されている行動は変えられないのだ。季節は冬から春へ、そして夏になった。

 

鉄瓶でお湯を沸かすのは趣がある。長く使っているためそれなりに風貌というか、くたびれているところがある。ろくに洗いも磨きもせず、お湯を沸かすときに浄水した水を入れて、残ったらお湯を捨てて中が錆びないようにしておく。

 

夏でもコーヒーはホットがいい。以前に、アイスドコーヒーを飲んでいたとき、胃が疲れた。アイスドコーヒーを飲まないわけではないが、夏でもホットを飲むようにしている。だから、今年の夏も朝食はホットコーヒーを飲む。コーヒーを入れるたび、キッチンはガス台の放つ熱に覆われる。それもそういうものだとコーヒーをドリップしていたのだ。

 

今年は、だいぶ違う。浄水を電気ケトルに注ぎ、タッチパネルで100度にセットするだけだ。あとはゴゴゴと沸騰するのを待つ。鉄瓶は浄水を入れすぎると短い注ぎ口から溢れてガス台にお湯を撒き散らすので、蓋を少しずらしておく。そのままドリップするとずらした隙間から湯気が持ち手に当たり、熱い思いをする。じゃあと蓋を閉めると注ぎ口から溢れる。with coronaで失った経験のひとつ、かもしれない。