読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアには会議に出席するのではなくコミュニケーションスキルを発揮することを期待されている

on

PMBOKの第6版は、もうそろそろ出るはずではなどと思いつつ、久しぶりにPMBOKを開いてざっと眺めていたらプロジェクト・コミュニケーション・マネジメントの章でこんなこと書いてあったんだ、と今更ながら驚いてみたりするのです。 PMBOKもPMPを取るバージョ…

アウトカムで目標を設定するという新しい考え方

on

通常、目標管理制度などでは年度の目標を立て、設定した納期を目指し、活動の成果をアウトプットすることで、期初の目標と期末のアウトプットを比較することで業績評価を行います。 端的に言えば、活動から生み出すアウトプットを評価しているわけです。こう…

追求されない進捗報告

on

進捗報告の場で突っ込まれたり追求される原因はほとんどが報告するエンジニア側にあるのです。別にプロジェクトマネージャやマネージャの立場だからってそちら側の目線で、というわけではありませんよ。 こんな状況を見た経験はありませんか。進捗報告の場で…

エンジニアとして持つ必要のある危機感

on

多分、30年前くらいのエンジニアなら、ワタシのようなオジサンエンジニアは業務上必要となったことを必要となった時点で、それも業務時間の中でキャッチアップしていればよかったのではないかなぁ、と思うのです。観測範囲で言えば、入社時に周りにいた30代…

大規模になれば足を引っ張るエンジニアが増えていく

on

「アップルは、600人のエリート社員を動員して2年足らずで『iOS 10』を開発し大成功を収めました。対照的に、マイクロソフトは10,000人もの社員を動員し、5年以上もかけて『Vista』を開発したにもかかわらず、最終的にサポートを終了することになったのです…

Q新しいツールを業務に導入するにあたり、予め検討しておくべき課題をあげよ

on

Q 現行業務で使用している情報共有ツールがある。1世代前の技術で実装されているため使い勝手がよくない。ツールの入れ替えを提案したところ、採用され新しいツールに置き換えることになった。そのツールは使用したことがないが類似のツールはプライベートで…

仕掛かり中のアウトプットを共有することが見られる耐性を強くする

on

プロジェクトでも提案でもですが、何かしらのアクティビティを仕掛かると途中であってもアウトプットができます。そのアウトプットは、提案のために集めた情報かもしれませんし、共有されたインプットから作業している設計書かもしれません。いづれにしても…

再発防止策には「べからず」集より「開発プロセス」の見直しを

on

エンジニアに関わらず何か作業ミスがあると、やれなぜなぜをやれだの、再発防止策はどうしただのと、面倒なことばかり要求します。そうしたことを真面目に要求しているなら作業ミスをした真の原因を見極めたり、再発防止策の効果を検証したり効果測定まで求…

SIerがイノベーションできないのは

on

SIerではイノベーションを起こせないのです。なぜなら、採用や選別の背景となる組織的な文化に原因があるからです。 誰が判断しているか 採用は新卒でも中途でも数段階を経て採用に至ります。その採用プロセスでは部長クラスや役員のマネージャとの面接を行…

通販を不在で受ける方法はリスクと初期コストが見合わない

on

news.livedoor.com 「コメント欄に玄関先に置いて」はちょっとなぁ、と思います。ブクマに書きましたが、クロネコとしては、 「クロネコメンバーズで在宅の時間を指定して」 でしょう。空き巣が見つけたら誰が責任を負うかまで考慮するのが運用設計ですから…

エンジニアの報酬は投資として捉える

on

エンジニアも組織の中で働いているなら、報酬は仕事に対する給与の形で示されます。目標管理制度が導入されている組織であれば、前年の目標達成に対する評価の結果が今年1年の月棒なり、年収なりの形で返ってくる仕組みになっているでしょう。 ではエンジニ…

評判の悪いエンジニア

on

評判の悪いエンジニアっているものです。評判はそれを聞く人の話し方によっては評価が悪いと思えることもあります。評判でも評価でもいづれにしてもとあるエンジニアに対して悪い印象だということははっきりしています。 評判の悪いエンジニアが他部署のエン…

ふりかえりで効果が得られないなら計画を疑え

on

ここ数年、アジャイル開発などの「ふりかえり」や「KPT」が広く取り入れられてきた感じがするのです。 ウォーターフォール開発などでも、プロジェクトが完了した際に今まではプロジェクト上での進捗上の妨げとなったことをしていたメンバを戦犯のように晒す…

チームを変えたいならチーム全員に同じ講座を

on

ほら、あるじゃないですか。中堅やマネージャになると行かされる外部の集合教育って。教育の専門業者が都心の割とアクセスの良いビルで開いている企業向け研修。 例えば、人間力とか組織活性化とか部下とのツーウエイコミュニケーションとかね。エンジニア向…

「謙虚・尊敬・信頼」より「理解・信頼・対等」がチームに必要な価値観

on

facebookでここ数週間、「Team Geekを読んでよかったよ」というコメントがTLに流れたのですね。ツイッターほどじゃないけれどTLで目に止まるのは気にかけているからだし、気にかけているのは買ったのに積み本にしているから、なのですけれど。 じゃあ、「読…

低待遇でエンジニアを採用しようとする企業は、教育コストに対する価値観を物語っている

on

medium.com ごもっともです。ワタシも是非とも高額で御採用のオファーがあれば考えなくもないです。こちらの前提は、今のポジションと仕事の面白みと残りのエンジニアとしてのキャリア(プロジェクントマネージメントとマネージャの専門性を生かせる)とする…

時間に追われてもまずまずの出来の資料の作り方

on

ペアプログラミングは、二人一組がコードを書く役割と書くコードに対してプロポーズ(積極的に提案)する役割になってコードを書くプログラミング技法です。 #かなり雑な説明ですけど 技術のギャップが強制的に徒弟関係を作れる ペアプログラミングの良い点…

エンジニアとして開発手法やツールを変えたいと不満を言うより確実に変えるために

on

エンジニアが所属する組織の中で、特にプロジェクトの開発手法、ツールなどにおいて、あれこれと思うところを場面場面で意見だったり愚痴だったりを言っている光景を見かけることがあるのですが、そうした行為、つまり、意見や愚痴がどれだけ実現に向けて進…

DevOpsの前にAppsInfraである

on

ご存知のとおり、DevOpsとは開発と運用を「上手いことやろうね」という開発手法なので、そうした手法が必要だということの裏を返せば開発と運用は良い関係でない組織が多い、という証左なんですね。 確かに、開発プロジェクトで運用までを考えて非機能要件を…

「なぜ」を知るエンジニアと知ることができないエンジニア

on

エンジニアにも「なぜ」を知ることができるエンジニアと「なぜ」を知ることができないエンジニアがいるのです。 以前、アーキテクトと雑談をしているときにこんな話をしてくれました。 「あるプロジェクトが相談したいと言ってきたから話を聞きに行ってきた…

説明が下手なエンジニアはスコープを使おう

on

スコープというキーワードから何を発想するでしょうか。プロジェクトマネージャをやっていると、つい、スコープマネジメントを思い出してしまいます。 プロジェクトマネジメントでのスコープは契約して履行しなければならない委託された業務です。契約書に書…

誰が担当しても同じようにできる見積もりの作り方

on

作業の見積もりをメンバのひとりに頼むとメンバの経験値で次のように作業を見積もります。 見積もり工数=(自分だったらこのくらいでできそうかな)工数+経験値によるバッファ (自分だったらこのくらいでできそうかな)は、見積もりをしたメンバが自分に…

仕事をゲーム化するには

on

仕事なんだから楽しくやるし、遊びなんだから真剣にやる。これ、本質ですよね。月曜日から集中して仕事をするために。ブルーになっている暇はないのです。遊びを真剣にするために仕事は楽しく終わらせないと引きずってしまいますから。 では、どうやって仕事…

タスクが早く終わったら次のタスクに手をつけず、価値のあることに時間を使おう

on

あるプロジェクトでチームを混乱させたことがあるのです。ワタシがこの一言を言ったとき、技術リーダ役のメンバは明らかに困惑した顔をしていましたし、他のメンバは本当かどうか戸惑っていました。 「チームで見積もった工数より早く終わっても、次のタスク…

少人数チームを運営するときに気をつけておきたい3つのこと

on

ビジネスニーズがシステムリリースのスピードを重要視すると言われるようになって数年は経ちますが、それに伴い、プロジェクト自体も小粒化、短期間に加え低価格な案件が多くなりました。 まあ、もともと大規模プロジェクト自体が絶滅品種的なものでプロジェ…

エンジニアはじぶんlabを持とう

on

割とですね、仕事で実験をするタイプなんですね。ずっと前、2000年問題の少し前くらいの仕事ではプログラミングから遠ざかっていて 「このままだとこのプロジェクトにいるうちはコード書く機会なんてないぞ」 と思いついたけれどプログラムのセンスはないこ…

(擬人化)ガントちゃんはスケジュールを把握するのが得意なフレンズなんだね!

on

frontline.fm サービスを売りたいための記事だと思うので一々突っ込んでいられないくらい、ツッコミどころがあるんだけれど。 例えば、 ガントチャートが現場で使えない理由①:実工数を無視した〆切になりやすい 引用 なぜガントチャートはプロジェクトで使…

成果が出しやすいマネージャの4つの特徴

on

中堅のエンジニアくらいになると、それまで数人のマネージャを上司として経験してきていると思うのです。稀に、ずっと同じ上司だったりするようですけれど。 親は選べないけれど(=子も選べない)、マネージャは選べます(異動したり、会社を変えたりすれば…

多様性のあるチームを作る

on

多様性のある組織などここ数年言われるようになっているのですけえど、正直、多様性なんてどうでもよくて、プロジェクトならプロジェクトの目的を達成するチームであるかどうか、を優先したいのです。 チームを編成する以上、チームを編成した目的を達成しな…

就活や転職を考えているエンジニアにアドバイスになるかもしれない視点の持ち方

on

この時期に就活を始めているなら、もう2018年度採用で動いているということになるのかな。就活自体が遥か昔のことなので最近の事情はわかりませんが、研究室で先輩だった方の一言は就活前のワタシにとっては「そうなんだ」と内心感心したので今のでも覚えて…

恕(じょ)と仁(じん)

on

マネージャはどちらの意味合いでメンバと向かうか。 母性ではないよ。 kotobank.jp kotobank.jp

ただエンジニアを集めただけではチームではない

on

ごく少人数で割と難易度の高いテーマを扱うプロジェクトがありまして、プロジェクトのスタート日に顔を知って、 「さあ、チームとしてやっていきましょう」 とエンドユーザが言ったまでは良かったのですが。 エンドユーザとしては、プロジェクトの目的を達成…

仕様検討の資料レビューはデモである

on

デモはデモンストレーションのデモ、ですね。さて、デモの意味を辞書で引くと3つ出てきます。 1 抗議や要求の主張を掲げて集会や行進を行い、団結の威力を示すこと。示威運動。デモ。2 宣伝のために実演すること。3 競技大会で、正式の競技種目以外に公…

できない理由を説明するよりエンジニアがやらなければならないこと

on

システムはエンドユーザの業務をITで代替することで省力化とか生産性などを向上させることが目的で導入します。 つまり、最初に「実現したい業務の課題がある」のです。 ベンダは、エンドユーザの「実現したい業務課題」に対する解決策を提案し、それが採用…

優秀なマネージャはビジネスとキャリア開発をどう連携しているか

on

優秀なマネージャは目標を達成するための優先順位をつけて自分のリソースをフォーカスしています。そうしないと限られたリソースがすぐになくなっちゃいますからね。 では、優秀なマネージャは何にフォーカスするかというと…。 メンバのキャリア開発ファース…

チームの神様

on

年度末はその組織の会計期間だから、新しく期が始まると新しい期の目標を立てたりするのもお仕事です。 メンバなら新技術を覚えたい、役割をステップアップしたい、など自分の成長を第一に考えて目標を立てれば良いですし、マネージャの立場から言えば 「ど…

プロジェクトを占いで終わらせない

on

ふと、プロジェクトマネジメントも占いも似たようなものだ、と思ったのは何かブログか告知サイトでもみていた記憶がくっついたのかもしれません。 まぁ、でもそれほど外れてはいないかな、と思いもします。 占いは情報戦 ときどき、ショッピングセンターの片…

年次が上のエンジニアをチームクラッシャーにさせない

on

マネージャやリーダになるとメンバに年次が上の先輩エンジニアやおじさんエンジニアが入ってくることがあります。新人エンジニアの頃は周りは全員年次が上のエンジニア(当たり前ですが)で何も違和感もなかったのに、自分自身の経験と同じように年次も上が…

仕事が早いエンジニアの計画づくりでやっていること

on

仕事を思うように、期待する出来合いで、且つ、楽チンにすることができたらなんと素晴らしい、と思うのです。 現実には、思っていたようには成らないし、もっと素晴らしい出来を思い描いていたのに(自分で作ったものは)どうにも気に入らないし、手戻りでな…

後回しにできないお金と契約

on

プロジェクトマネジメントにおいて真面目に学ばなければならないのは会計と法律なんです。 「どうして、システム開発に関係ないじゃん」 と思ったあなた、ワタシも20代までは無関心でした。ただ、 「プロジェクトマネージャに必要なスキルは」 と自問した…

超過労働の適正化は残業のエコシステムをパージする

on

最近、このパターンが多くなってきた…まあ、いいですよね。 昨日の夜、こんなことを呟いていました。 長時間労働がブラックだとして残業時間にフォーカスし過ぎると、短時間で制限された枠の中で成果を求められることになり、ますますプレッシャーが強くなる…

メンバが入れ替わって機能しないプロセスはチームに負債をもたらす

on

技術的負債を扱ったブログを読んでいて、ふと頭をよぎったことがこれ。 チームのプロセスはメンバが入れ替わっても機能しないといけない。人が入れ替わって機能しなくなったら、それはその人で持っていた、ということになり、プロセスに不備があった、という…

指示をしないで育てる

on

ついつい、マネージャやリーダになると 「指示をしなければいけない」 と思い込んでいて、メンバに対して一方通行的に指示をする人が多いです。これはマネージャ自身が一方的な指示で育成をするものだと刷り込みされているからです。 もう一つの育成方法は、…

仕事の出来が甘いメンバをどう変えていくか

on

仕事の出来の甘さは、アウトプットを見れば一目瞭然だけれど、なぜそうなったかはご本人と会話するだけで大凡は判断できます。 仕事の出来が甘いということの原因には次のような理由があります。 ・完了基準が客観的なものではない・ステークホルダーとの共…

備品の補充

あら、クリーナー、型が変わったんですね。 ブラウン シェーバークリーナー SC8000 出版社/メーカー: Braun (ブラウン) 発売日: 2016/12/07 メディア: ホーム&キッチン この商品を含むブログを見る ヨドバシはこちら

「エンジニアに必要なスキルは」に関するもう一つの解釈について

on

コーラレシピでそれ「美味しいの?」と思わせるレシピを書かれたり、エンジニアについて書かれていたりするまなめ様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。 srdk.rakuten.jp maname.hatenablog.com お腹が出ないことも大事だけれど、エンジニアに一番…

プロジェクト終了後の「ふりかえり」でTryをどう生かすか

on

プロジェクトが終了したので振り返りをしたいのだが自分は振り返りに出たこともファシリテートしたこともないので教えて欲しいと相談がありました。 うーん、 「やってみたらいいんじゃないかなー」 と思うわけです。はい。やりたい人の想いというか狙いがあ…

「…仕事はどこでやっても良い」でとばっちりを受けるのは誰か

on

一部の界隈でちょびっとだけ盛り上がっている気がするので少しだけ。 blog.tinect.jp 「…仕事はどこでやっても良い」は新しいか システム開発では、チームでやろう、チームを壊すな、などチーム運営に苦心をしているケースが多いようです。実際、特にチーム…

プロジェクトマネージャだってちょっとだけやってみる

on

ちょっとだけやってみる。これはある意味、魔法の言葉です。何がいいかって「ちょっとだけ」がいいのですよ。ちょっとだけ。ちょっとだけやってみて、もしダメそうならアプローチを変えてみてもいいし、やめてしまってもいいのですし。 仕事なんてやったこと…

トラブルへのリソースの逐次投入は火種を延焼させてしまう

on

プロジェクトのトラブルは、予兆をつかむことができます。それはプロジェクトマネージャやリーダの役割を担うメンバが計画と実績の差異を見つけようとしている間なら。 予兆を掴むということは、計画どおりに進捗していないことばかりを追うことではありませ…